菅生神社とは 菅生祭 お守り 年間行事 交通案内 お問い合わせ
TOP > 花火を見る

岡崎市の花火大会と菅生祭


8月の花火大会の日、菅生川に浮かぶ2艘の船をご存知でしょうか。

それらの船は「鉾船(ホコブネ)」と言い、菅生祭にて
神々へ花火を
奉納する
ために建造されています。

花火の奉納は江戸時代から続き、鉾船の建造も当時から行われていたと
伝わっております。
(右の「岡崎菅生神社祭典之図」には、大正時代の様子が描かれています。)

戦後、菅生祭は
岡崎市の花火大会(8月 第1土曜日)と共同開催になり、
奉納花火と花火大会が同時に楽しまれるようになりました。



奉納花火・桟敷(サジキ)のご案内


・奉納花火のご案内
 
2016年8月6日(土) 夕刻※、菅生川(乙川)に浮かぶ鉾船の上で
 花火の奉納を執り行います。
  ※「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」と共同開催(同刻・同所)

 当神社の桟敷を購入頂くことで、花火が奉納されます。
 桟敷を購入された方々を花火の奉納者とし、奉納者名簿を当神社の
 神前にてご祈祷致します。
  御神徳: 厄除け開運、家内安全 等


桟敷(奉納者専用席)のご案内
 当神社では、菅生川(乙川)沿いの奉納花火が見やすい位置に、
 桟敷をご用意しております。
 (注) 岡崎市観光協会様の桟敷とは受付が異なります。

 個人席について
  桟敷種類:
「枡席」と「個人席」の2種類をご案内していました。
        設営上の関係で個人席はご用意ができなくなりました。
        枡席への振り替えとなります。ご不明の方はお問い合わせ下さい。

  申込方法: 希望者
先着順にて承ります。
       ■神社受付
         「枡席」希望の方
         下記申込書に必要事項を記入後、
         FAX(0564-23-2506)にて申込下さい。

          申込書は
こちら



       ■チケットぴあ受付はこちら


  購入特典: 当神社の御手洗いをご使用頂けます。
       (当神社桟敷入場券をお持ちの方のみ)


  ※ 留意事項
   ・飲食物や敷物は、必要に応じて各自でご用意ください。
   ・ゴミはお持ち帰り頂きますようお願いします。

  ※「桝席」について
   ・1枡(1.8m×1.8m)につき定員は6名(乳幼児は2名まで)です。


  ※「個人席」について
   ・神社境内に席をご用意致します。
   ・1席につき1名まで入場できます。
   ・後方になるにつれて高さのあるお席となります。
   ・乳幼児の方はご遠慮頂きます。






     花火には鎮魂と厄除けの意味があると言われており、菅生祭では
     水中に放つ「
金魚花火」や、絶え間なく打ち上がる「乱玉」等を
 
    神々へ奉納致します。














菅生神社とは    菅生祭    お守り    年間行事    交通案内    お問い合わせ

Copyright © 2015 Sugo-shrine, All rights reserved.