菅生神社とは 菅生祭 お守り 年間行事 交通案内 お問い合わせ
TOP > 菅生神社とは

御由緒


第12代景行天皇の御代 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)東征の時西暦110年)、
高石(今の菅生河畔の満正寺あたり)にて矢を作り、神風にて一矢を吹き流し、その矢を
以って伊勢大神を奉祀されました。当社は、この時創建された
岡崎最古の神社です。

その後、神亀2年(724年)山城国より稲荷大明神を観請。永正14年(1517年)
額田郡宮崎より牛頭天王が菅生川洪水の為、高石の地に漂着し翌15年社殿を造営する。
徳川家康公25才の時、厄除け・開運の祈願、造営せられる等、歴代岡崎城主の崇敬篤く、
城内鎮守の守護神として祈願所となっておりました。

合殿 「菅生天神社」 (菅原道真公)
  第91代伏見天王 正応2年(1289年)河内国丹南郡菅生(現在の大阪)から、
  満性寺の了専上人が岡崎の菅生に菅生天神を祀りました。
  学問の神様で、現在は本殿に合祀されています。

合殿 「東照宮」   (徳川家康公)
  第110代後光明天皇 正保2年(1645年)岡崎城主の水野忠善が、徳川家康公を
  祀りました。

菅生祭(8月第1土曜日)で行われる花火は、江戸期文化文政の時代から今も続き全国的に有名です。


菅生神社のみどころ



御祭神




開運稲荷大明神






菅生神社とは    菅生祭    お守り    年間行事    交通案内    お問い合わせ

Copyright © 2016 Sugo-shrine, All rights reserved.